上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                               ↓励ましのクリック お願いします↓
                                    
   助や輔の字は駄目でした。

 明治維新の改革によって国民は皆、公的に苗字を持つことになりました。
 法的には明治3年(1870年)9月19日に平民苗字許可令、同8年2月13日に平民苗字必称義務令が発せられています。
 その際、戸惑った庶民のなかには庄屋や神主に頼んで適当な苗字を付けてもらったり、適当な苗字を思い浮かばず困った庄屋が野菜や魚の名を付けたりしたという話を聞いたことがあります。甲子園の高校野球の選手にも珍しい姓の方がいらっしゃいますね。
 それはともかくとして明治2年…元年は9月から始まっていますから維新間もなく諸事一新は始まりました。維新とは「これあらた」という意味だそうです。
 江戸時代から明治時代への政権交代は「革命」ではなく「革名」であったと言えないでしょうか。新政府から各藩に国名や官名のついた名や称号を改めるよう通達があったようです。
 土佐史談153号(昭和55年)に中村市の橋田庫欣さんが「明治初年の革姓と革名」という論考を書いています(16~21ページ)。宿毛の伊賀家日記明治2年の巻をもとに高知藩内の動きを記したもので、私には新知識であります。勉強がてらそっくり引用さしてもらいます。
 明治2年10月22日、宿毛の伊賀邸に大参事の深尾弘人から出された革姓革名の通達が届きます。続いて次々と個々人の改められた名前を知らせて来ます。
 ◇深尾丹波(軍務局主務)→深尾丹吉郎(丹波が国名であるため革名)
 ◇山内下総(民政局主務)→酒井勝助(特別に許されていた山内姓を本姓に戻すと同時に国名である下総を改める)。この人の名は8月19日付高知新聞22面「龍馬伝」展解説「平井収二郎爪書辞世」に保守派の中心人物として出ています。桐間蔵人の名もありますが、この人の革姓革名については伊賀家日記にないのか、この記事は触れていません。桐間を本姓の加賀野井に戻しているはずです。
 ◇五藤内蔵助(参政)→五藤如山(内蔵助が内蔵寮の次官の官名)
 ◇深尾帯刀(会計司主務)→深尾真澄(帯刀は官名)
 ◇山内隼人→深尾庄三郎(本姓に戻す。隼人は宮内を守る役人の官名)
 ◇福岡宮内(刑法司主務)→福岡九内(宮内は太政官制の宮内省の省名)
 ◇福岡縫殿(ぬい)→福岡守人(縫殿は縫殿寮の役所名)
 ◇桐間将監→桐間卓護(将監は近衛府の判官の官名)
 ◇桐間木工→桐間彦魚(木工は木工寮の名)。この記事は革姓には触れていませんが、加賀野井という本姓に復しています。加賀野井彦魚の長男が教育者であり洋画家の加賀野井久寿彦、その四男が剣道範士・加賀野井卓(たかし)。
 ◇山内昇之助→深尾昇(本姓に戻すと同時に助が寮の次官の官名であるため)
 ◇深尾刑部→深尾市郎(刑部は刑部省の名)
 ◇深尾主計→深尾栄吉(主計は会計官の官名)
 ◇山内主馬→伊賀藤太(本姓に戻す。主馬は主馬寮の名)
 ◇山内太郎左衛門→伊賀安道(本姓に戻す。左衛門は左衛門府の役所名。翌年再び陽太郎と革名)
 ◇柴田備後→柴田備(そなえ)(備後が国名であるため)
 このように藩の有力者が次々と革姓革名する中、11月24日次のような通達が発せられました。丞など12文字は各官庁の次官や判官の官名であるので該当する面々は改めるようにとの命令です。その12文字は、
 丞 允 進 掾 祐 助 輔 介 佐 亮 佑 尉
 このため前掲酒井勝助は助の字があるため再び革名して勝作としています。
 山内家一族の革名も載っています。
 ◇山内秀馬(容堂の弟)→山内退作(国名や官名のための革名なら届けだけでよかったようですが、この場合はそうではないため願い出て許されています)
 ◇山内整之助(容堂の従弟)→山内整(ひとし)(助の字が該当)
 ◇山内兵之助(容堂の弟)→山内采真(同上)
 ◇山内銀之助(容堂のふた従弟)→山内銀得(ぎんえ)(同上)
この通達は翌3年6月には一部例外が認められています。
 これらの経過を踏まえ筆者の橋田庫欣さんは板垣退助について検証しています。
 板垣は明治2年10月25日に権大参事となっていますが、それまでは退助として伊賀日記に出ています。しかし11月29日、12月7日、8日、10日、22日の伊賀日記の記事はすべて板垣無形になっているそうです。高知県史近代史料編の明治4年官員履歴では退助に戻っており、そのほかにも助、輔、丞、祐などの字が使われている者がかなりいます。板垣退助の号は無形として広く知られていますが、ある時期には助の字ゆえの革名で無形を名としていたのではないかと推測しています。
 この革姓革名の動きは藩上層部の人たちばかりでなく一般庶民にまで及びました。有名な大江卓一族は父弘の代まで斎原を名乗っていましたが、明治3年末に大江と革姓しています。宇須々木の今岡郷助は河野八郎に、芳奈の宮部加賀は宮部覚に改めるなど6つの例が挙げられています。

                               ↓励ましのクリック お願いします↓
                                    
     維新の群像10講座
土佐史談会は平成22年度郷土史講座として「維新の群像10講座」を開いています。
          講師   テーマ
  5月29日 永国淳哉 ジョン万と小龍(了)
  6月27日 渡部淳  山内容堂(了)
  7月31日 松岡 司 武市半平太(了)
  8月27日 宅間一之 吉田東洋
  9月19日 西山 均 清岡道之助と二十三士
 10月30日 熊田光男 吉村虎太郎の自然と風土
 11月26日 岩崎義郎 中岡慎太郎
 12月10日 今井章博 後藤象二郎
  1月29日 谷  是 岩崎弥太郎の生涯
  2月25日 公文 豪 板垣退助
 場所 高知県立文学館ホール
 時間 午後1時30分~3時30分
 参加費 無料(参加人数は100名)
  葉書かFAXで申し込みください。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          土佐史談会
          高知市丸の内1-1-10 高知県立図書館内 3階
          〒 780-0850
          ℡ 088-854-5566(FAXと共通)
          Email tosashidankai1917@theia.ocn.ne.jp
          振替口座 00910-3-75719
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noburu.blog92.fc2.com/tb.php/97-d51edca4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。