FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 前回の手紙についてもう少し書く。
 この手紙の資料には「四月十七日由比猪内ヨリ御隠居様(山内容堂)江奉入御覧、同廿二日御下ケ被遊節奉願写之者也」という注釈がついている。
 どういうルートで江戸に届けられたかは分からない。3月9日過ぎに発送し4月17日までに届いている。
 早いのか遅いのか判断のしようもないが、使節団の副使、村垣淡路守はハワイから函館に行く捕鯨船、またサンフランシスコからは横浜に向かう商船に頼んで手紙を届けている。あとで調べたところハワイ発の手紙は4月初めに函館に着き江戸に回送されていたという。
 従者の一人・加賀藩士佐野貞輔鼎も函館便で手紙を出しており「封物の厚きを嫌う故に薄紙に細書す」としたためている。(服部逸郎著『幕臣航海記太平洋を渡る遣米使節』=昭和39年、人物往来社。なお著者は村垣副使の曾孫▽佐野鼎遺稿『航海日記』2月16日の條)
 もう1点、手紙についての疑問。
 権威ある山内家資料にケチをつけるようで申し訳ないが、冒頭にある「萬延元二月十四日」、馬次郎がこの年号を書けるはずはない。
 安政7年が桜田門外の変のため3月18日に至って急きょ萬延と改元されたのであって、2月14日や3月9日はまだ安政7年である。
 まだない年号がどうして書かれたのか。
 推察はできる。
 伝えられているこの手紙は写し、扣である。
 先に触れたように4月17日御隠居様に見せたあと「同廿二日御下ケ被遊節奉願写之者也」と注釈にある。写した担当者が何の気なしにその日の年号を書いたものではないかと思う。

   藩政期の海外渡航(土佐藩)
◇中濱万次郎 天保14年(西暦1843) アメリカ
         (アメリカ本土で生活を始めた年)
◇山田馬次郎 万延元年  (〃1860) アメリカ
◇大石団蔵  慶応元年  (〃1865) イギリス
◇結城幸安  慶応2年  (〃1866) イギリス
 薩摩の中井弘(ひろむ)とともに渡航。中井は鮫島零蔵、中井弘三、中井弘蔵、田中幸助などの変名を使っているが この時どれを称していたか不明。また出発は慶応3年10月15日横浜(西暦1867・11・10SUN) とした記録もある=インターネット「幕末千夜一夜」参照。
◇大庭源次兵衛 慶応2年か3年(〃1866~67) イギリス
 開成館貨殖局長崎出張所の慶応2年8月より翌年7月までの期に結城・大庭2人の洋行費が支出されている。中井の費用も後藤象二郎の斡旋で土佐藩持ちだったらしい。
 (土佐史談54号平尾道雄氏「貨殖局長崎出張所」および 34号福島成行氏「大政返上建白書起草者に就きて」、 さらに234号渋谷雅之氏「長井長義と土佐人」参照)
                        (つづく)

↓応援クリック お願いします↓


           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          土佐史談会
          高知市丸の内1-1-10 高知県立図書館内
          〒 780-0850
          ℡ 088-854-5566
          Email tosashidankai1917@theia.ocn.ne.jp
          振替口座 00910-3-75719
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
      龍馬学10講座-龍馬のすべて-(土佐史談会主催、定員100名、参加費無料)
         場所 高知県立文学館ホール
         時間 午後1時半~3時半の2時間
   日程      講師        講座内容
 5月27日(水)岩崎義郎  坂本龍馬の祖先明智説、龍馬の家族、龍馬の剣術修行と小栗流(了)
 6月 7日(日)小美濃清明 江戸留学と国際情勢(品川)(了)
 7月29日(水)三浦夏樹  土佐勤王党と脱藩事情(了)
 8月 1日(土)佐藤寿良  龍馬と海舟、神戸海軍操練所(了) 
 9月 5日(土)渋谷雅之  龍馬、長崎、船(了)
10月 3日(土)豊田満広  薩長連合、海援隊成立、岩崎との関係、いろは丸(了)
11月 7日(土)広谷喜十郎 福井藩と龍馬との関係・大政奉還への道
12月 5日(土)松岡司    龍馬・中岡の死とその背景
 1月17日(日)谷是     龍馬死後の海援隊とその思想の継承
 2月 6日(土)高橋正    文学に描かれた龍馬像

 参加希望の方は実施予定日の1週間前までに必ず「ハガキ」でお申し込みください。定員いっぱいになり次第締め切らせていただきます(土佐史談会会員を優先いたします)。
      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noburu.blog92.fc2.com/tb.php/62-a1f207ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。