上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 土佐史談229、231、232号(平成17~18年)に連載させてもらった「今村WARAU伝」を少しずつ読んでいただいています。

   第二章 今村和郎の出自

   土佐国高岡の生まれ

 洋行した板垣退助に従って通訳を務め、のち第1回帝国議会には貴族院勅選議員として臨んだ今村和郎は弘化3年(1846年)9月3日、土佐国高岡郡高岡村で生まれた。
 父は治之助(明治5年歿、享年55)、母は烈(明治24年歿)。6人きょうだいの長男である。
 今村家は高岡の名家である。『土佐市史』(昭和53年発行)は「富商今村氏」という見出しを立てて、歌人の楽(たぬし)、第13代藩主山内豊熈に宿を提供した嘉伝次、藩のご用金に資した藤左衛門らを紹介している。和郎はこの一族の血を受けた一人であった。
  『土佐市史』に掲載された一族の家系図は、一部省略されているので、神奈川県に住む子孫の方(和郎の弟・猪吉の孫・今村耕太郎氏)が所蔵されている系図(写し)と重ねながら家系をたどってみる。その系図には「大正六年丁巳才五月廿八日記 高岡西中町乙百五拾九番地 金物商今村利之助」との署名がある。
 この系図は元和5年(1619年)生まれの今村伊兵衛(万治3年6月19日、42歳で死亡)に始まっている。
 『土佐市史』によると、これより3代前の惣十郎は高岡村林口御所ノ内に住み、その子の長左衛門の時代に同村天神に移り、この伊兵衛は23歳の寛永18年、同村麻生田に居を移した。
 一族は一領具足だったらしく農民として生活していたが、山内氏の治世も75年経った延宝3年(1675年)に至って伊兵衛の子、与左衛門と惣兵衛重政の兄弟がそろって高岡市町に進出、屋号を「紙屋」として商売を始めた。惣兵衛重政はのち分家して「政屋」を興し、ともに高岡市町を代表する商家として発展を遂げる。
 政屋の2代目に惣兵衛と兵右衛門の兄弟があった。弟の兵右衛門〔元禄16年(1703年)生まれ、天明2年(1782年)2月26日歿、享年80〕からのラインが和郎へと続く。
 即ち兵右衛門の子が徳右衛門(「如柳」という俳号を持つ)といい、その子が徳右衛門、以下治之助〔明治5年(1872年)、55歳で歿〕を経て和郎に至る。
 系図には治之助の名の右肩に「町老(としより)」とある。庄屋の補佐役らしい。俳人がいたり、伝承によると質屋を開いていた時代もあるというから、豊かな有力者の家系が想像される。
 和郎には4人の弟と1人の妹があった。為五郎、幸吉、小十郎、猪吉、トミである。東京に出て富士見町に住んでいた和郎は長男として母と弟らを呼び寄せて生活していたとみえ、系図には「行衛不明」(為五郎)、「東京ニテ死」(幸吉、小十郎)、「富士見町住ス」(猪吉)の書き込みがある。
 和郎は妻順との間に剛太郎、福の1男1女をもうけたが、2人とも早世、和郎が亡くなった後、末弟の猪吉が順と結婚して跡目相続、1男2女をもうけた。
 なおこの系図は和郎の父を「治良」と書きとめているが、今村耕太郎氏は過去帳や位牌により「治之助」が正しいと言い、和郎が貴族院事務局に提出した履歴書にも「治之助」と書かれている。(つづく)

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          土佐史談会
          高知市丸の内1-1-10 高知県立図書館内
          〒 780-0850
          ℡ 088-854-5566
          Email tosashidankai1917@theia.ocn.ne.jp
          振替口座 00910-3-75719
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
      龍馬学10講座-龍馬のすべて-(土佐史談会主催、定員100名、参加費無料)
         場所 高知県立文学館ホール
         時間 午後1時半~3時半の2時間
   日程      講師        講座内容
 5月27日(水)岩崎義郎  坂本龍馬の祖先明智説、龍馬の家族、龍馬の剣術修行と小栗流(了)
 6月 7日(日)小美濃清明 江戸留学と国際情勢(品川)
 7月29日(水)三浦夏樹  土佐勤王党と脱藩事情
 8月 1日(土)佐藤寿良  龍馬と海舟、神戸海軍操練所
 9月 5日(土)渋谷雅之  龍馬、長崎、船
10月 3日(土)豊田満広  薩長連合、海援隊成立、岩崎との関係、いろは丸
11月 7日(土)広谷喜十郎 福井藩と龍馬との関係・大政奉還への道
12月 5日(土)松岡司    龍馬・中岡の死とその背景
 1月17日(日)谷是     龍馬死後の海援隊とその思想の継承
 2月 6日(土)高橋正    文学に描かれた龍馬像

 参加希望の方は実施予定日の1週間前までに必ず「ハガキ」でお申し込みください。定員いっぱいになり次第締め切らせていただきます(土佐史談会会員を優先いたします)。すべて受講される方、都合の良い月に受講される方は、その旨をハガキにお書きください。
      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
↓応援クリック
 お願いします↓



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noburu.blog92.fc2.com/tb.php/40-2aa9b94d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。