上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 固有名詞の読み方でもう一度。
 土佐藩の初代藩主・山内一豊。平成18年のNHK大河ドラマ「功名が辻」の主人公として脚光を浴びました。慶長6年(1601)遠州掛川から土佐へやって来た。
 高知の地元では「ヤマウチ・カツトヨ」と呼ぶのが普通(土佐山内家宝物資料館)。大河ドラマでは「カズトヨ」となっていて不満を漏らす郷土史家もいました。
  『土佐史談』では173号や215号に土佐山内家18代当主の山内豊秋さんが、一豊の人となりについて「太り気味で目が少し赤く(高血圧体質?)酒は洗杯に二三杯」と書いています。
  なお神奈川の首藤山内家では「山内」を「ヤマノウチ」というそうで、東京のアナウンサーが「土佐の地元ではヤマウチというヤマノウチ・カズトヨ」とニュースを読んでいたのを聞いたことがあります。




ポチッとお願い!


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noburu.blog92.fc2.com/tb.php/4-300a8f27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。