FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   第一章 板垣退助洋行の添乗員

   辞任させて家族に手当

 今村について驚くべき事実が書かれた手紙がもう一つある。参議兼外務卿で自由党切り崩し工作を進めていた井上馨が、ベルリンの伊藤博文に宛てて明治15年11月に出したものである。11月は板垣退助が外遊に出発した月である。

 「今村を同行為致候は実は滅多な者を付置候而も却て害をなし不都合と存候に付、此辺の事には大に配慮仕、同人なれは適当と思考し同行為致候儀に御座候、尤同人の此行は「コンデヰショナール」に有之、板垣等の欧遊は凡一年間の見込なれは、同人は引続き巴里に留まり行政の「システム」等を取調度志願にて此事予め許諾致置候事に御座候、就ては同人御地へ罷出候節、老台より右の事同人の為め御申立相成候様之都合に御配慮被下度、同人も辞職致し表向きは全く政府の関係を相離居候事故、当方より右様取計候事至て都合悪しく候間、可然御含置相成度候、同人留守宅
の処は内密毎月百円宛給与候事に相成居候、此段も御含迄に申上置候」
 (前掲『伊藤博文関係文書』第1巻175ぺージ。郷土関係出版物では『馬場辰猪全集』第4巻120~121ページ=昭和63年岩波書店発行=や『後藤象二郎と近代日本』230~231ぺージ=大橋昭夫著、平成5年三一書房発行=にも収録されているので目を通された方も多かろう)

 今村は明治15年9月7日付で内務権大書記官(取調局長)を(注3)、同27日には中央衛生会議委員を辞任して政府との関係を断っているが、家族(注4)に月100円の手当が渡されていたとは驚きである。
 この手紙には「此書御覧後御投火被下度候」といった追記はないが、それにしてもこんな証拠書類がよく残ったものである。
 当時の100円は相当な金であった。『明治史要』(修史局)によると、15年8月19日現在の工部大学校教授の年俸は勅任官が3000円から4200円、奏任官が720円から3000円、助教授では300円から1200円とある。

 (注3)東京横浜毎日新聞の明治15年9月8日付1面を見ると、太政官録事欄に「依願免本官並兼官 内務権大書記官兼参事院員外議官補 今村和郎」という7日付の辞令が載っている。
 (注4)後述するが、和郎には5人の弟妹があった。父亡きあと和郎は長男として母やきょうだいを東京に呼び寄せて養育していたようである。(つづく)

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          土佐史談会
          高知市丸の内1-1-10 高知県立図書館内
          〒 780-0850
          ℡ 088-854-5566
          Email tosashidankai1917@theia.ocn.ne.jp
          振替口座 00910-3-75719
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
      龍馬学10講座-龍馬のすべて-(土佐史談会主催、定員100名、参加費無料)
         場所 高知県立文学館ホール
         時間 午後1時半~3時半の2時間
   日程      講師        講座内容
 5月27日(水)岩崎義郎  坂本龍馬の祖先明智説、龍馬の家族、龍馬の剣術修行と小栗流
 6月 7日(日)小美濃清明 江戸留学と国際情勢(品川)
 7月29日(水)三浦夏樹  土佐勤王党と脱藩事情
 8月 1日(土)佐藤寿良  龍馬と海舟、神戸海軍操練所
 9月 5日(土)渋谷雅之  龍馬、長崎、船
10月 3日(土)豊田満広  薩長連合、海援隊成立、岩崎との関係、いろは丸
11月 7日(土)広谷喜十郎 福井藩と龍馬との関係・大政奉還への道
12月 5日(土)松岡司    龍馬・中岡の死とその背景
 1月17日(日)谷是     龍馬死後の海援隊とその思想の継承
 2月 6日(土)高橋正    文学に描かれた龍馬像

 参加希望の方は実施予定日の1週間前までに必ず「ハガキ」でお申し込みください。定員いっぱいになり次第締め切らせていただきます(土佐史談会会員を優先いたします)。すべて受講される方、都合の良い月に受講される方は、その旨をハガキにお書きください。
      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
↓応援クリック
 お願いします↓

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noburu.blog92.fc2.com/tb.php/38-4d981339
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。