上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
末尾に「龍馬10講座」の案内があります
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

  第1章 板垣退助洋行の添乗員

   自由民権を取り締まる側

 今村和郎は6年半のフランス生活(これは後で述べる)を終えて明治11年(1878年)6月11日に帰国したのち、太政官法制局で権少書記官に復帰(司法省兼務)、12年には内務省に移り、翌13年3月8日総務局取調局長(同9月7日からは権大書記官)に昇進していた。
 この時期、自由民権運動は愛国社の再興(11年)をきっかけに全国各地に民権結社が結成され、これら政治結社(政社)を組織化した運動が高揚期を迎えていた。
 ことに13年は国会期成同盟が片岡健吉らを代表として太政官に提出した「国会ヲ開設スル允可ヲ上願スル書」に呼応して全国的に国会開設の請願行動が渦巻いた年である。
 政府はこの上願書を拒絶するとともに、運動への弾圧を強化した。今村は内務省の幹部書記官として集会条例起草者の内閣書記官・渡辺洪基を支えた。
 明治13年(1880年)4月5日、政府は太政官第12号布告をもってこの「集会条例」を公布する。

   苛令酷律の「集会条例」

 集会条例を紹介する。(原文は漢字カタカナ混じりだが、ひらがな混じりに直して清音の部分も読み方通り濁音とした。また句読点も入れた)。

 第1条 政治に関する事項を講談論議する為め公衆を集むる者は、開会3日前に講談論議の事項、講談論議する人の姓名、住所、会同の場所、年月日を詳記し其会主又は会長、幹事等より管轄警察所に届出て其認可を受くべし
 第2条 政治に関する事項を講談論議する為め結社する者は、結社前、其社名、社則、会場及び社員名簿を管轄警察署に届出て、其認可を受くべし。其社則を改正し、及び社員の出入ありたるときも同様たるべし。此届出を為すに当り警察署より尋問することあれば、社中の事は何事たりとも之に答弁すべし

 と、こまごました「しばり」を掛け、管轄警察署の権限で「国安に妨害ありと認むるとき」は認可を拒否していいことにした。屋外での政談演説会は駄目(第9条)、政治集会の広告や政社同士の連絡も次のように禁止された。

 第8条 政治に関する事項を講談論議する為め其旨趣を広告し、又は委員若くは文書を発して公衆を誘導し、又は他の社と連絡し及び通信往復することを得ず

 認可された政談演説会でも正服警察官の監視を受け(第5条)、その警察官は、主催者が「認可の証を開示せざるとき」、講談論議の内容が「届書に掲げざる事項に亘るとき」、「人を罪戻に教唆誘導するの意を含み、又は公衆の安寧に妨害ありと認むるとき」、集会に参加できない人、つまり第7条に規定する軍人や教員、生徒に「退去を命じて之に従はざるとき」は全会を解散する権限を与えられた。
 第10条から第15条までは罰則で、2年以下の禁獄または100円以下の罰金が規定されている。(同条例は全16条)
 『自由党史』はこの条例を評して「苟も名を政社に列する団結は、挙げて之を鉄圜中に擠せずんば已まざらんとするなり。苛令酷律の圧迫、漸く是時より熾ならんとす」と論難している。(同書五車楼版=上巻341ぺージ、岩波文庫版=上巻279ぺージ) (つづく)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
土佐史談会
高知市丸の内1-1-10 高知県立図書館内
〒 780-0850
℡ 088-854-5566
Email tosashidankai1917@theia.ocn.ne.jp
振替口座 00910-3-75719
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
      龍馬学10講座-龍馬のすべて-(土佐史談会主催、定員100名、参加費無料)
         場所 高知県立文学館ホール
         時間 午後1時半~3時半の2時間
   日程      講師        講座内容
 5月27日(水)岩崎義郎  坂本龍馬の祖先明智説、龍馬の家族、龍馬の剣術修行と小栗流
 6月 7日(日)小美濃清明 江戸留学と国際情勢(品川)
 7月29日(水)三浦夏樹  土佐勤王党と脱藩事情
 8月 1日(土)佐藤寿良  龍馬と海舟、神戸海軍操練所
 9月 5日(土)渋谷雅之  龍馬、長崎、船
10月 3日(土)豊田満広  薩長連合、海援隊成立、岩崎との関係、いろは丸
11月 7日(土)広谷喜十郎 福井藩と龍馬との関係・大政奉還への道
12月 5日(土)松岡司    龍馬・中岡の死とその背景
 1月17日(日)谷是     龍馬死後の海援隊とその思想の継承
 2月 6日(土)高橋正    文学に描かれた龍馬像

 参加希望の方は実施予定日の1週間前までに必ず「ハガキ」でお申し込みください。定員いっぱいになり次第締め切らせていただきます(土佐史談会会員を優先いたします)。すべて受講される方、都合の良い月に受講される方は、その旨をハガキにお書きください。
 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
↓応援クリック
 お願いします↓

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noburu.blog92.fc2.com/tb.php/35-d33e9df9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。