FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 私はプロフィールにある通り新聞社のOBです。取材経験はほとんどなく、専ら記者と工場の接点にあって新聞紙面の製造に当たってきました。
 いま「工場」(こうば)と言いました。活字拾いの活版以降の工程を担当する部署をこう呼んでいましたが、記者と対比して差別意識があったんですねえ。
 降版時間という言葉があります。紙面を作り上げて印刷担当部署へ渡す時刻のことで、締め切り時間と並ぶ製作工程の重要な節目ですが、輪転機部門が建物の下の方にあるとはいえ、上下の差別感は拭えません。
 それはさておき、高知新聞社では37年前の昭和47年に活版印刷部門から鉛をなくしました。
 新聞紙面に社告として発表した公式の日付は6月1日となっていますが、実際は5月22日から鉛はなくなっています。
 新聞製作の技術革新はすさまじく、一般印刷業界も含めて鉛の臭いは完全に消え、今はコンピューター万能時代となっています。
 以下の文章は私が平成6年(2004年)9月1日の紙面に載せてもらったものです。新聞社から鉛の消えた日の思い出です。
 腰痛がひどくなって、気力の衰えいかんともし難く、今回と次回は昔の文章をそのまま載せることでお茶を濁さしてください。
     *         *
 ニュースにしろ物語にしろ、紙のメディアは紙に文字を載せるという体裁だけ見ればその誕生以来変わっていない。
 しかし、その製作技術は最初の手書き(書写)から木版、銅版、鉛活字を経て現在のコンピューターを駆使する方式まで、何度かの革新を繰り返しながら進化している。
 昭和47年(1972年)5月22日、高知新聞は鉛活字による紙面づくりに別れを告げた。
 朝刊・夕刊を発行する新聞社としては、たしかトップを走っていた。
 しかし一般読者がその革命的変革を知ることはなかったと思う。紙面はきのう、きょうの境目なく続いていた。
 読者がそのことを知らされるのは、およそ10日後である。
 高知新聞のCTS(コールド・タイプセッティング・システム)公式スタートは同年6月1日とされている。(つづく)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
土佐史談会
高知市丸の内1-1-10 高知県立図書館内
〒 780-0850
℡ 088-854-5566
Email tosashidankai1917@theia.ocn.ne.jp
振替口座 00910-3-75719
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓応援クリック
 お願いします↓

ブックサービス  
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noburu.blog92.fc2.com/tb.php/27-3b05f32a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。