FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  今回はこの雑誌の話。第一号が出たのは大正六年九月。誌名は『土佐史壇』でした。この名前は第十七号(大正十五年)まで続きます。十八号から今の『土佐史談』。
 創刊号を開いてみますと、安藝喜代香という人の講演要旨「板垣伯岐阜遭難に就て」が載っています。板垣伯というのは自由民権運動の指導者で自由党総理・板垣退助。明治十五年四月六日、岐阜市を遊説中、暴漢に襲われ短刀で刺されました。その時「板垣死すとも自由は死せず」という言葉を吐いたと『自由党史』に書かれています。
 安藝喜代香は伯に随従して現場に居合わせました。「自由は死せず」という有名な言葉は自由党史の著者がまとめ上げた科白(せりふ)で本当は土佐弁で「馬鹿なやつ、板垣を殺したちいくか、自由は死にゃせんぞ」と叫んだと話しています。


ポチッとお願い↓
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noburu.blog92.fc2.com/tb.php/2-a0316fdd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。