FC2ブログ
                               ↓励ましのクリック お願いします↓
                                    

   「植木」を橋の名で残そう

 高知市桜馬場にある植木枝盛旧邸の書斎部分だけが切り取られて桟橋通り4丁目の自由民権記念館の一室に移築復元されることになりました。その予算1600万円が9月定例市議会で認められましたので、市では近く記録保存のための調査に取り掛かり、建物を解体して8畳の書斎のみを記念館2階の常設展示室に移す計画です。完成は平成23年7月ごろの予定だということです。
 この家は枝盛が明治11年に移り住み、同14年8月には「東洋大日本国国憲案」という憲法草案を起草するなど、近代日本政治史に残る数々の著書や論文を執筆した書斎です。枝盛草案に書かれた主権在民、基本的人権、地方分権など民主主義の諸原則は、いまの憲法の中にしっかりと根をおろしています。(「書斎保存募金へのご協力のお願い」から)
    家CIMG0987
 この30年来、旧邸保存運動にかかわってきた土佐史談会理事の公文豪さんは「現地保存ができないのは残念だが、現状ではやむを得ない」と言っており(9月3日、高知新聞)、高知市議会でも高知新聞の議会報道を見る限り格別の質疑や意見表明はなかったようで、上の写真の家は来年中ごろまでにはなくなりましょう。
 何回かの増改築を加えて文化財としての価値がなくなったと理屈をつけても、戦災を免れ焼け残った由緒ある建物です。惜しいですねえ。
 取り壊したあと家主さんの計画はどうあれ、記念碑だけはしっかりとしたものを願いたいところです。
 ここで私にはひとつ提案があります。
 近くの緑地から城西公園に架かっている「桜馬場橋」と銘打たれた立派な歩道橋(下の写真)を改名して「植木橋」としてはどうかということです。植木の名を地名として残す試みの第1歩です。
   橋CIMG1000
 橋のたもとにある案内板「桜馬場の由来」には次のようにあります。(この橋の竣工は昭和59年9月)
 「高知城西大門から西に江ノ口川をへだてた対岸に河原があり、寛文元年(1661年)その一部を埋め立て2町33間の馬場とし桜を植えたので桜馬場と名付けられた。今回この地にちなみ橋名を桜馬場橋とした。なお藩政初期には桜馬場の西に浄土真宗の圓満寺があり、この地に橋がかけられた。橋名は後世、寺の名にちなんで圓満寺橋と称していた。その後、この橋は桜馬場南端に移され、現在の円満橋となっている。」
 橋の桜馬場側には屋根付きの休憩所もあり、ここに近くの枝盛解説板など移して一体化すれば、ゆっくりと民権家の業績を学ぶことができると思います。
 橋の名前については史家の松山秀美さんが書いたものがあります。土佐史壇4号(大正8年)「植木枝盛遭難手記」の前書きです。白洋と号したこの方は桜馬場に住み、旧小高坂村の村会議員を勤めたこともあります。文中の一部の人とは自分のことでしょうか、残念という思いの文章です。
 「小高坂村円満橋を架する当時、同村一部の人は同橋を植木橋と命名してはいかがかと有志の間に勧説した。けだし榎径植木枝盛氏が旧居桜馬場に接近して居るためである。不幸にして右提案は村会の容るる所とならなかったが…(以下略、常用漢字に直してあります)」
 「榎径」は筆名。東京にいた枝盛は明治9年、湖海新報11号にこのペンネームで「自由は鮮血を以て買はざる可からざる論」を投稿します。どこのだれか分からないまま編集者は禁獄1年半に処せられましたが、枝盛は刑を免れています。

 ちなみに現在「武道館」「城西公園」になっている対岸地域の歴史をたどりますと…。
文久2年(1862年)参政吉田東洋が16代藩主山内豊範の命でここに藩校として文武館を創設しました。3年後の慶応元年、致道館と改称します。植木枝盛も学んでいます。明治4年(1871年)矯正施設(初め徒場、のち高知刑務所と改称)が設置され、昭和51年(1976年)の布師田移転まで105年間、高い塀に囲まれた施設が続きました。江ノ口川は施設の中を流れていました。跡地が公園として整備され「城西公園」がオープンしたのは昭和61年です。

                               ↓賛成の方クリック お願いします↓ 拍手も
                                    
     維新の群像10講座
土佐史談会は平成22年度郷土史講座として「維新の群像10講座」を開いています。
          講師   テーマ
  5月29日 永国淳哉 ジョン万と小龍(了)
  6月27日 渡部淳  山内容堂(了)
  7月31日 松岡 司 武市半平太(了)
  8月27日 宅間一之 吉田東洋(了)
  9月19日 西山 均 清岡道之助と二十三士(了)
 10月30日 熊田光男 吉村虎太郎の自然と風土
 11月26日 岩崎義郎 中岡慎太郎
 12月10日 今井章博 後藤象二郎
  1月29日 谷  是 岩崎弥太郎の生涯
  2月25日 公文 豪 板垣退助
 場所 高知県立文学館ホール
 時間 午後1時30分~3時30分
 参加費 無料(参加人数は100名)
  葉書かFAXで申し込みください。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          土佐史談会
          高知市丸の内1-1-10 高知県立図書館内 3階
          〒 780-0850
          ℡ 088-854-5566(FAXと共通)
          Email tosashidankai1917@theia.ocn.ne.jp
          振替口座 00910-3-75719
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://noburu.blog92.fc2.com/tb.php/102-16350b93